FC2ブログ
城跡は滋賀県甲賀市甲南町新治にあって、比高僅か10m程度の低丘陵上に位置しており、その同じ丘陵上の北端には大堀切を境として寺前城が築かれている。両城共に国指定史跡となっており、城史に関しての情報は「現地案内板」をクリックのこと。

城跡を訪れるには新名神「甲南」ICが最寄の乗降口となるが、降り口からは直ぐの距離にある交差点「新治口」を目印として北進、その数十m先には城址案内説明板も掲げられているので、登城口は直ぐにでも見つけられる筈である。案内板からの道標はないが、道に任せて僅かな傾斜面を上るだけで、直ぐ虎口までは辿り着けよう。

登城ルート1登城ルート 現地案内板2現地案内板 現地縄張り図3現地縄張り図

城跡の形態は、現地案内板縄張り図に少し自身が加筆したものを参考にして頂ければよいが、四方土塁囲いの方形館城と思って頂いても差し支えないだろう。土塁は高土塁とは決して言えないが、ほぼ当時のままが完存とも見受けられるもので、その内部は南北に約25m程度の小規模なものである。主郭南北には堀切が施されているが、南側は幅を持たせた少し掘り下げられただけの浅い箱堀で、見ようによっては郭跡とも見受けられるものである。北側は土橋付の縦堀を伴う堀切となっており、その縦堀と並んで充分見学者の眼は楽しませてくれる筈である。土塁に関しては便宜上の北出郭と西郭群でも、周囲を廻る形で充分それと分かる低土塁にお目にかかれるが、途切れた形の痕跡程度のものも多く、見応えまではとても望めないものと思って頂きたい。北出郭の土塁は仕切り土塁となっているが、これは直ぐそれと分かる明瞭なものである。切岸は土塁外壁においてそれなりのものを拝めるが、切岸斜面のほとんどが下草に覆い尽くされている現状、その見応えまでは期待しない方がよいかもしれない、、、

西郭土塁跡10西郭群土塁 西虎口13西土塁虎口 主郭西切岸8主郭西切岸

虎口内14土塁虎口内側 主郭内16主郭内全長約25m 櫓台上17櫓台土塁上 

南箱堀18南大空堀 北出郭土塁26北出郭低仕切り土塁 北堀切23北土橋付堀切 

現状(一月訪問)城跡は、間伐の行われた植林地にある事からそれなりに見通しは利き、動き回り易く、臨場感も味わえ、更に縄張りも掴み易い状況にあるが、主郭内部を始めとして、土塁上やその内外壁などはシダを含めた多くの下草が蔓延り、地表の露見していない箇所が多々ある事から、その全貌はそれなりに掴めたとしても、国史である事を理由に整備の行き届いた城跡を期待して臨まない事が肝心と思えたのである。もちろんコンパクトにまとまった城郭であるが故に、遺構見学としては歩き廻る範囲も限られたものであり、充分楽しめる状況にはあるのだが、、、
個人的には案内板が真新しかったせいもあって、コンディションに関してはそれなりに期待して赴いたのだが、これから春先にかけての整備に是非期待したいところである。これらの事を踏まえた上で城跡を評価するのであれば、圧倒的お手軽感は加味する事になるが、遺構残存度が抜群といった理由だけで、自ずとお薦めの城跡という事にはなるだろう。次で掲載予定の寺前城と併せた訪城は、当然是非お薦め。
スポンサーサイト
城跡は奈良県御所市玉手にあって、その西麓には「金比羅神社」、あるいは「孝安天皇玉手丘上陵」がある、四方に裾野を広げた標高約155mの「玉手山」山頂に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、貝吹山城を居城とした越智氏傘下にあった、玉手氏の居城が伝えられている。ただし古くに出版されたある文献に、玉手城は方形二郭の周囲を空堀が囲む城と記載されていたように、明らかに形態の異なるこ山城は、この玉手山にあっては詰城とも考えられる事から、その文献による記述を信頼するのであれば、同じ字名を共有する城が、麓のどこかに別郭(居館跡か?)として存在するといった事になるのかもしれない、、、よって城跡呼称に関しては柔軟に対応して頂きたい。

城跡を訪れるには、一般道118号線、あるいは「京奈和自動車道」に進入する事が先決となるが、信号「玉手」の交差点からは目印となる金比羅神社、あるいは孝安天皇稜を目指せばよい。駐車場から城跡までは登城ルート図を参考にして頂ければよいが、神社までは参拝道に任せて上り、その拝殿背後から始まる広大な削平地?を尾根に任せて直登すれば、自ずと山頂に辿り着く計算になる。ちなみに駐車場からは藪漕ぎもなく15分内で辿り着けよう。

登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図 西削平地11西尾根上連続削平地

城郭の形態は、アバウトに描いた概念図を参考にして少し想像を膨らませて頂きたいが、山上本郭群は意外に規模の大きい主郭を最高所として、その周りを帯郭や腰郭が囲んでおり、主郭と全長20m規模の南郭間には堀切が施されたものである。結果的に山上本郭群は数段程度重なる腰郭も含めれば、主要二郭と腰郭で成立した山城という事になるのだろうが、直登道中における西尾根上に展開される、出郭や広大な削平地まで含めれば、城域の相当広い大型の山城と自分の眼には映ったのである。旧態依然とした山城なるが故に、数世紀に渡る地表風化は相当激しく、見応えのある見所遺構は数少ないが、先に触れた堀切は僅かに土橋が窺えるもので、自身が踏破した範囲の本郭群においては唯一の空堀という事になろうか。この堀切はもちろん縦堀を伴うものでもあるが、二重堀切らしく堀切間における薄い土塁痕までは充分判別確認出来よう。図中に描いたまでが明瞭な縦堀(画像に注目)という事になるが、最低三本は判別確認出来る筈である。ちなみに図中に示した西尾根上の出郭にも、僅かながら土橋付空堀と土塁虎口が見て取れたが、これは周囲の地形に眼を凝らしながらの確認が必要と思って頂きたい。切岸は主郭側壁で、腰郭から立ち上がる明瞭なものを、あるいはそれと共に腰郭境でも充分眼にする事が出来るので心配には及ばないだろう。取り敢えず図中に示したまでが、自身が踏破した範囲で確認に及んだ残存遺構と思って頂ければよいが、裾野が広がる四方尾根上までは覗いていないので、縄張りも城域もこれだけに終わるものではないと思って頂きたいのである。

西出郭13西出郭約15m 虎口土塁12西出郭土塁虎口地形 西段郭群19段郭群と空堀道か

南郭19南郭約20mx10m 堀切土橋20堀切土橋 縦堀23明瞭な縦堀

主郭南虎口25主郭南虎口切岸  主郭北切岸28主郭北切岸 主郭内30主郭

現状(12月訪問)城跡は、先に触れた様に地表風化はそれなりに激しく、藪化もそれと並んで進行中にあるが、踏破に難渋するまでには至っておらず、それなりに見通しは利き、ある程度までなら縄張りも掴み易く、山林事業主も含めて滅多に人の訪れない山城としてみれば、充分楽しめる状況にあると思って頂いても差し支えないだろう。ただしそれは蔓延る木々が冬枯れした現状を見据えた上での話しになるが、これから春先までの訪城が、取り敢えず満足のいくコンディションといった事になるのかもしれない、、、上に上げた見学材料の数々に、今まで述べてきた状況まで含めた上で城跡を評価するのであれば、見応えのある遺構は皆無に近いが、踏破探索する楽しさ、縄張りを究める楽しさ、それに築城環境まで含めた縄張りを想像するだけで、充分山城ロマンに浸れる事を思えば、間違いなく訪れる値打ちのある山城という事になるし、遺構見学だけに特化しないのであれば、自ずと是非薦め出来る山城の一つといった事にはなるだろう。
今回は前回からの話の流れでいけば、自ずとあの「足柄山金太郎」という事になるが、この話は後世に創作された数種類の金太郎の説話がある事から、少しややこしいのだが、ここでは一番シンプルに描かれた童話にもなった話を採り上げてみたい。その話の大筋は、金太郎という人物(少年)が熊を相手に相撲をとって勝ち、その熊と最後には仲直りしたといった、単純極まりないストーリーで、しかも妙にほのぼのとした話なのであるが、この話での最大のテーマは、金太郎が熊と相撲をして勝利したといった事実で、これは明らかに相撲にかこつけた金太郎と熊の戦闘行為そのものなのである。ここで一番気になるのは、勝利した金太郎は一体誰なのかといった事になるが、それを紐解いていく為にまず当時の発音をイメージして、金太郎の金(キン)の当て字変換をしてみたい。金はチンの発音とほぼ共通する事から天(テン~チン)に置き換える事が可能で、「太郎」は浦島太郎でその名を紐解いたように、「太郎」を「ウロー」と発音すれば自ずと大国王(ウラオー=ウロー)の当て字が完成する。この名は明らかに歴代オオクニヌシ=大国主=倭国王を指すもので、天は沖縄を示すウチナ(=大天国)を指し、これを併せて発音すれば天大国王という事になる。つまり金太郎は沖縄を含めた琉球諸島と大国(オオナ=倭国)の支配者なのである。自ずと大国王=金太郎は「オオクニヌシ」を異名とするスサノオ=垂仁天皇という事になるのだが、ヤマトタケルもスサノオを討った事によって同じ官名を譲られており、この金太郎は両者に共通する官名であった事が分かる。当然ここでは熊(=狗国=高国)の代名詞である熊襲王を討ち果たした、ヤマトタケルがスサノオから名前を譲り受けた金太郎で、敗者となり金太郎に従った熊は熊襲族という事になり、その討たれた首領は間違いなくスサノオという事になるのである。
以前国譲りにおいてタケミカズチ神とタケミナカタ神が相撲で勝負を決し、その結果タケミカズチ神が勝ち、負けたタケミナカタ神は決してこの地から出ないという約束で許しを得たといった話を材料に、勝利したタカミカズチ神はヤマトタケル=景行天皇の事で、敗者となったタケミナカタ神は熊襲王であるスサノオ=垂仁天皇と述べた事があったが、この相撲にかこつけた戦闘が「猿かに合戦」で、その勝利後に熊襲を従えたヤマトタケルが金太郎なのである。

これで金太郎が誰を指したものか明確になったが、金太郎の前に付く名前の「足柄山」が一体誰を指すのか、地名なのか?人名なのか?まだその謎が解けていない。この足柄山は一般的には相模地方に足柄峠や足柄(アシガラ=アシカラ)山が存在する事から、間違いなく地名か山名と思われるのだが、当時における発音や当て字を想像しながら当て字変換して話の真相を探ってみたい。まずアシカラの足はアシの他に「ソク」、あるいは「ショク」と発音する事が可能であるが、アシカまでを一つの単語として読めばショクカ~ソクカ~ショカで、間違いなくソカ=ショカと発音可能な速日~蘇我にまで結び付くことが分かる。「ラ」は以前から国を示す言葉としてラ、マ(バ)、ヤ、ナがあると述べて来たが、ここで足柄と当て字された地名はショカ(ショカ=速日)国(ラ)で、これはシャカ(蘇我)国が語源と分かるが、ここで足柄山(アシガラ)は山名を指した一つの単語で、これは間違いなく固有名詞ではないのか?といった疑問も生じよう。これからその部分を説明させて頂くが、魏志倭人伝や、記紀における現代語に翻訳される前の原本を見ればお分かり頂ける様に、両者共に全て漢字で表記されたもので、各部族ごとに異なる日常語における一音に対して、漢字一語が無理矢理当てられたものでもある。故にどこからどこまでが固有名詞なのか形容詞なのか、助詞あるいは接続詞なのか、それを読んだ現代人が想像して判断を下すしか方法がないのである。結果的に自身は、足柄は「アシガ」と「ラ」で山名を指したものではなく、これは蘇我国=速日国といった国名を指したものと解釈したのである。
足柄の後に続く「山」は邪馬と当て字すれば、これは当然以前から述べている八幡の事で、これらの当て字を並べて漢字にすれば、蘇我国=日向国(志賀国)、八幡(=邪馬国)、天(=沖縄)、倭国王が成立する。つまりこれらは金太郎が支配した全ての国を羅列した官名で、足柄山金太郎は単純に足柄山に住んでいたという訳ではなく、支配した国を表した官名だったという事になるのである。結果的にこれだけの国々を支配した人物は一体誰なのかと言えば、国譲りにおける勝者タケミカズチ神で、熊襲を討った倭国王ヤマトタケル=景行天皇=天忍穂耳命=武内宿禰その人なのである。

ここでやっとヤマトタケル=景行天皇=足柄山金太郎の図式が完全なものとなったが、自ずと敗者である熊襲はその首領であるタケミナカタ神と同様、服従を誓った話に結び付く事になり、これが決してこの土地から出ないといった約束に反映された相撲の後の仲直りで、最終的な国譲りとされる話なのである。
結果的にこの「足柄山金太郎」の話も、以前紐解いた「猿かに合戦」が反映されたものと分かったのだが、前者は戦後における話がメインテーマで、後者の話は勝利するまでの経過がメインテーマという事になろうか。
城跡は奈良県御所市柏原にあって、標高約230mを測る「国見山」山頂に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、山内氏の拠った山城とされている。

城跡を訪れるには、先にリポート掲載を終えた曽羽城を起点とすればそれなりに分かり易い位置にはあるが、まずは133号線へ進入する事が先決となる。石垣上にある阿弥陀寺付近まで到達すれば、石灯篭を目印として進路変更すればよいが、目印として目指すのは「国見神社」のある登山口で、この付近までは充分車で乗り付ける事が可能となっている。「国見山頂500m」の案内看板が掲げられた、石鳥居脇が登山口(画像に注目)となるが、この確かな登山道に任せて山頂を目指せば、15分程度で迷わず辿り着ける筈である。

     登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図

この山城の主郭は全長約30mと、他の痩せ尾根上に展開される山城とは一線を画すもので、山上郭群における郭占有面積は比較的大きいものである。空堀の類は主郭最高所から派生する東尾根の畝状空堀群、そして主郭西側を断つ大堀切と二箇所に施されているが、登山道中における南郭下でもそれらしき縦堀を伴う堀切痕が窺えた事から、取り敢えず合計三箇所でお目にかかれる事になる。見応えのある空堀は西大堀切という事になるが、これは切岸高低差も掘削幅もあり、充分見学者の眼は楽しませてくれるだろう。ただ地表風化によって相当荒れているのが難点といったことになるが、、、畝状空堀群は東郭における北斜面で、4本は間違いなく判別確認出来るものの、蔓延る下草によってその全貌が窺われないのが難点といったところか。土塁は主郭南虎口下でそれらしいものを確認する事が出来るが、縄張りプランの必然性からみても形状からみても、土塁(近世における盛り土?)らしくない事から、これは見学者における想像物件としておきたい。切岸は大堀切の側壁や北段郭群の郭境で眼にする事が出来るが、見事とは言わないまでも、遺構見学としては充分楽しませてくれるものとみた。

南郭堀切痕8 南郭下堀切痕 主郭切岸12南郭より主郭 主郭南切岸15主郭南切岸約3m

主郭21主郭30m以上 西大堀切31西大堀切 大堀切縦堀32西大堀切縦堀

東郭畝状空堀群28北畝状空堀群 27北畝状空堀群 北段郭群切岸29北段郭群切岸

現状(12月訪問)城跡は、山頂がベンチの備わる展望所となっている事もあってか、主郭は木々が伐採された整備状態にあり、しかもほぼ全貌の窺える見通しの利く状態にあるが、東及び北段郭に限っては踏破するにも難渋する雑木藪地となっている。概念図に描いたまでが、自身が今回踏破した範囲で眼に留まった遺構という事になるが、密生する雑木に覆われた斜面も郭跡も含めて、くまなく踏破探索出来た訳ではないので、郭数や郭形状などは想像を加味したものと思って頂きたい。特別見応えのある遺構にお目にかかれる訳でもなく、コンディションが特別よい訳でもなく、縄張りが掴み易い訳でもなく、城跡の評価としては少し難しいものがあるが、確かな登山道でトレッキング気分で辿り着ける事や、山頂からの眺望が素晴らしい事、臨場感だけは充分味わえる事を思えば、遺構見学だけに特化しないのであれば、山登りの好きな山城ファンの方々には間違いなくお薦め出来よう。史跡ファンの方々や一般城跡ファンの方々には、この山頂に城跡としての案内板が掲げられていない事もあって、この地をかつての山城と認識した上で是非訪れて頂きたいが、、、
城跡は奈良県高市郡高取町市尾にあって、「曽羽神社」の鎮座するほぼ独立した低丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、この築城環境を思えば、越智氏に関連した城とみるのが妥当なところか

城跡を訪れるには、先にリポート掲載を終えた藤井城を起点とすれば、その位置も充分分かり易いとは思われるが、120号線へ進入する事が先決となる。その道路沿いに曽羽神社への参拝上り口(画像に注目)があるが、付近に充分駐車スペースは確保出来よう。拝殿背後からは起伏のない丘陵に沿って歩くだけで、数分で本郭群へ辿り着ける筈である。

     登城ルート1登城ルート  城跡概念図3概念図

この城跡は神社境内を含め、この低丘陵上全てが城域と推察されるが、それは明らかに削平地と察せられる平地が本郭群まで連続している事で、拝殿から数十m歩けば直ぐそれらしい堀切地形が眼に留まる。もちろんこれは見学者における想像物件という事になるが、最大の見所は技巧の感じられる縄張り妙味に富んだ本郭群で、主郭東側は内堀と外堀からなる二重横堀構造、その前面となる削平地側も、間に穴倉構造の虎口とも見受けられる、機能不明の遺構を挟んだ二重堀切構造となっているが、この部分が一番縄張り妙味のある箇所で、横堀や土塁が交差し合った構造は機能の想像も含めて間違いなく楽しめる部分、もちろん空堀は全て土塁で仕切られているのだが、この城郭の特長として土塁の多用が上げられる。主郭周囲も全て低土塁で囲まれていたように思われるが、現状の地表風化や藪化の深刻化した地形では、少々判別が難しいのが難点。主郭背後も主郭内部と同様藪化が深刻化した状態にあるが、主郭内部とは全く異なる、このフラットに近い地形を思えば、後世この地は農作地となっていたような気がしないでもない、、、よってこの部分も見学者の想像に委ねられる事になるが、土塁外壁との差が0.5m程度のもの、あるいは縄張りとしての必然性を思えば、主郭背後には間違いなく郭を遮る為の横堀が施されてあったと想像が付くのである。もちろんこれが当時の縄張りプランの想像も含めて、遺構見学としては一番楽しめる部分なのであるが、惜しむらくは外見から判別するにも、踏破にも難渋するこの深刻化した藪化!

北端堀切痕7北端尾根上堀切 土塁横堀10土塁と外堀 堀切113堀切1

穴倉虎口15穴倉虎口地形 堀切土橋16穴倉虎口土橋 堀切220堀切2縦堀

主郭22残念な主郭 主郭土塁25主郭土塁の一部 二重堀の内堀28二重堀の内堀 

城跡の現状(12月訪問)は今まで触れて来たように、主郭東西斜面側、更にその背後共にとても踏破可能な状況にはないものと思って頂きたい、取り敢えず概念図に描いたまでが、自身が今回踏破した範囲内で眼に留まった残存遺構という事になるが、細部における遺構の形状などは、推察を交えたものと思って頂ければ有難い。この城郭の規模を思えば、未踏地にまだ多くの遺構が眠っているとは思えないのだが、これからこの城跡の環境が改善されるとはまず思えない事もあって、遺構見学だけに特化するのであれば、本郭群周辺だけの見学で充分といった事になるだろう。この状態も含めて城跡を評価するのであれば、お手軽感は加味せずとも、技巧に富んだ空堀群は間違いなく一見の価値ありと見た!その絶妙な縄張りプランも含めれば、自ずと是非お薦め出来る城跡といった事にはなるだろう。ただし規模や状態までは絶対に問わない事が前提となるが。