今回は前回の続きとなる、神武天皇と戦ったナガスネ彦について語らせて頂きたいが、この人物は神話の中に登場するのだが、長髄彦と記述されており、長い髄(スネ)を持った人物とされるのが一般的である。記紀には登美能那賀須泥彦(トミノナガスネヒコ)、あるいは登美彦として載っているが、その官名であるトミノナガスネヒコに豊日(トビ)之長(ナガ)津兄(ツネ=之ケイ=之軽)彦と此方で勝手に当て字してやれば、豊日長津軽彦となり、その名は間違いなく長柄(ナガラ)豊崎(ホザキ)宮から軽(ケイ=カル)津の蝦夷にまで結び付き、結局孝徳天皇の別名でもある「天万豊日天皇」の名にまで結び付くのである。尚、トミという地名は、「十三」と書いてジュウソウと読む大阪にも分かり易く残っているが、これもトミ=豊日の名残と思って頂いてもよいだろう。一部の風土記にナガスネ彦は東北の津軽に逃げたとされているが、この時点ではまだ東北までには逃げていない筈である。この津軽は軽の津(毛ノ津)であり、今の毛間橋辺りと考えられるが、このストレートに発音した毛間(ケイマ)を軽国(ケイマ)と当て字するだけで、自分の描いたストーリーも信憑性を帯びてくるのである。取り敢えず地図は載せたので、気になる方は一度場所を確認して頂きたい。
         難波長柄豊崎宮推定地長柄豊崎宮推定地
陸奥とされるむつ(六)国は、今の東北青森県で津軽地方に当たるが、リクオウの国(六合国)、あるいはミチハセ、ミチノクとも呼ばれ、古くは蝦夷(エミシ=カイ)の国とも呼ばれた。蘇我氏一族は間違いなく長い年月を経て、この津軽の国まで逃れていたのである。近畿中央政権からすれば、鬼門とされる東北は、いわゆる倭人(オニン=鬼)との領域を遮るものであり、その復讐に恐れをなした中央政権によって、初めて鬼門という言葉が生まれたとも考えられるのだが、推測の域は出ないものである。次の政権である天智天皇は、蝦夷の都からは東北に当たる、「近江神宮」に都を移しているのであるが、蝦夷一族はよほど忌み嫌われたのであろう、、、、

ちなみに大阪の天満(テンマ)、そこには長柄豊崎桜ノ宮(=倭ノ宮)も未だ地名として全て残っており、孝徳天皇=ニギハヤヒの都は、逃亡するまでは難波長柄豊崎宮の名が語るように、間違いなくこの大阪(倭坂)の地にあったという事になるのである。もちろんそこからの逃走経路には、鳥見(トミ)の白庭山(=ハクデイと発音すれば百済のハクゼイ)、あるいは富雄(トミオ=豊日王)といった色んな地名を奈良県に残しているが、その途中にあって法隆寺のある斑鳩(イカルガ)は降臨地(=天下り地)ともされている。ちなみに「斑鳩」はイカルと呼ばれる鳥の名前、これをなぜイカルガと読むのかずっと謎であったが、イカルは倭軽(イカル=オオカル))と当て字が可能、更にガを毛(ケ=ギ)と当て字すれば王(ギ)、即ち倭軽王(イカルギ)の名が完成する。これは倭坂(オオサカ=倭速日)王であった「倭」と、軽王(毛王=エミシ王)と呼ばれた「軽」の頭文字で、当然豊日彦の別称でもある。仮に斑鳩をマダラキュウとそのまま読めば馬大国(マダラ)宮(キュウ)となり、ここでも馬子はウマで大国(倭国)主の意味、やはりどこまでいっても馬子(ウマコ=ウマシマジ)は厩戸(ウマヤド)皇子で、全て聖徳太子に結び付いてしまうのである。

更にこの斑鳩の地は聖徳太子が明日香より移り住んだ地ともされているが、明日香と斑鳩のどちらが先としても、その逃亡先には変わらないと思えるし、孝徳天皇(=用明天皇)の皇子が厩戸皇子(聖徳太子)とされる史実を思えば、皇子が逃亡先となった斑鳩に宮殿を新たに興したというべきかもしれない。どちらにしても、これらは全てニギハヤヒが逃亡中に移動した証拠ともいえる地名なのである。これでお分かり頂けたとは思うが、ニギハヤヒもナガスネ彦もアベノヒラブと戦った同一人物なのである。もっと正確に言えば、ニギハヤヒはこの蘇我氏親子の事件や業績がそのまま投影されたものであり、この後に触れる事になるウマシマジの帰順(裏切り)を思えば、聖徳太子(ウマシマジ)がニギハヤヒで、孝徳天皇(蘇我蝦夷)がナガスネ彦であった可能性も充分有り得るのである、なぜなら上に登場した人物は全て官名であり個人名ではないからである、、、、、何とか真相を解明したいのだが、ニギハヤヒに興味を持って今日に至るまで、情けないが既に数十年も経ってしまった。素人研究家ではここまでが限度といったところか、、、、

逃走先である飛鳥(=アスカ)はそのまま読めばトビトリとしか読めないが、「飛」を豊日(トビ)と当て字し、「鳥」をオと発音すれば正しくトビ王(=豊日王)、これは紛れもなくトビ彦のトビであり、神話の中で少し脚色された感のある、神武天皇を導いたとされる金色(コンジキ=チン之王)の鳶(トビ)の呼称は、もちろん天万(テンマ)=天神(テンジン=金神=コンジン))とされる豊日(=トビ=鳶)王もの、神武天皇(天智天皇)に帰順し、それを導いた金の鳶(とび)とされるものは、決して鳥ではなく登美(トビ)彦、即ちトビノナガスネ彦という事になり、それは帰順を示したウマシマジ(馬子=大国皇子=有馬皇子=聖徳太子)という事にもなるのである。ニギハヤヒ=ナガスネ彦は明日香で仮の都を設立したが、神武天皇を助けた金の鳶が物語るように、最終的には政権を渡して天智天皇の軍門には下ったのである。倭国はこの時点で、政権は新羅王である天智天皇に奪われ、人民も官僚も天智政権に組み込まれていったと思われるが、倭国の本体でもある蘇我氏は、明日香で反撃の機会を密かに狙っていたと思われる。それがこれから後に続く、古代史上最も有名な「壬申の乱」という事になるのであるが、これは倭国が日本という国に統一される為の最大の事件!その模様は何れかいつまんでお話する事になるが、スサノオが邪馬台国の政権を奪う以前の話、あるいはスサノオにとっては最重要人物となる、丹波道主王の業績など、まだ語り足りない部分も多く残っているので、次は大化の改新からは400年も遡る事になる、この二王の話をさせて頂きたい。
スポンサーサイト
城跡は奈良県橿原市五条野町にあって、現在ヤタガラス神社敷地が城跡となっている。五条野氏の拠った城とされているが、見る限り陣城の形態に限りなく近いものであり、神社建立時における造成地形改変や、直ぐ傍まで密集した人家が迫った状況を思えば、当時の祖形は全て見学者の想像に委ねられるものとも思われた。

城跡を訪れるには、先に登城リポートを終えた野口植山城を起点とすれば、一目瞭然の分かり易い位置にあるが、その西側にある交差点の角にあるコンビニを目印として右折、そこからは登城ルート図を参考にして頂く事になるが、城跡までは迷わず辿り着ける筈である。ちなみに車の駐車には非常に気を使うが、鳥居正面前に何とか停められた事だけはお伝えしておきたい。

      登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図

城跡の形態は、アバウトに描いた概念図から少し想像を膨らせて頂きたいが、神社敷地がかつての本郭群と見受けられるもので、現在お目にかかれる残存遺構は、薄い横堀及び土塁だけに限られるものと思って頂いてもよいだろう。もちろん空堀は浅く判別もし難いが、傍に土塁が付随している事によって、何とか判別確認可能といった処か、、、この土塁は充分判別可能ではあるが、神社造成整地後における残土の可能性も充分考えられる事から、実際に眼に留まる盛り土が、当時における土塁であるか否かの判定は、ほぼ見学者の判断に委ねられるかもしれない、、、ただし、この土塁の一部は横矢構造が窺われるもので屈曲部分もあり、陣城としてみれば、何とか見学者の眼は楽しませてくれるかもしれない、、、、

主郭内5主郭内   屈曲土塁と空堀13屈曲土塁  10屈曲土塁 

土塁14土塁 主郭南側16南側 主郭西側17西側

現状(12月訪問)城跡は、神社敷地がそれであるように、非常に見学し易い状況にはあるが、遺構見学とすれば見学材料は乏し過ぎるものであり、かつての縄張りや遺構の消失した部分の想像も非常に困難、ここは史跡見学、あるいは神社参拝ついでに立ち寄るといった、軽い気持ちで訪れた方が無難という事になるのかもしれない、史跡見学としては充分お薦め出来るかもしれないが、、、
城跡は奈良県高市郡明日香村野口にあって、先に登城リポートを終えた吹山城からみて、道路を隔てた北東側の丘陵上に位置しており、その直ぐ東側には明日香小学校がある。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、「明日香小学校」を目印として目指せば直ぐ分かる位置にあるが、画像を載せた石垣の隙間を登城口とした。ただし、これから先は作業所私有地となるので、人に会えば必ず声をかける必要はあるが、倉庫背後を数m程度通過すれば、直ぐにでも縦堀が迎えてくれる筈である。車の駐車に関しては、付近道路沿いに充分駐車スペースは確保出来るので、心配には及ばないだろう。

登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図 主郭南側7南郭群荒地

城跡の形態は、何時ものように概念図を参考にして頂ければよいが、不整形の主郭東背後には二重堀切が施されたもので、主郭東端には僅かに土塁痕が見て取れた。この二重堀切は中々見応えのあるもので、主郭側の堀切高低差は約4mを測るもので、土塁を挟んだ東側の縦堀に繋がる堀切と並んで、充分見学者の期待には応えてくれるだろう。堀切は西側にも施されているが、此方は浅く見応えまでは望めないものの、北斜面側は縦堀を伴うだけに、充分楽しめるような気はしたのである。この城跡も吹山城同様随分藪化は進行しており、笹で覆われた主郭の形状は北郭同様掴む事も出来ず、その切岸も高さを感じる程度となっており、訪れる際には決して状態は問わない事が前提となるだろう。主郭南側は見通しの利く休耕荒地(画像に注目)となっており、当時の祖形は全て見学者の想像に委ねられるが、地形改変は当然あって然るべきと考えられる。縄張りを究めようとせず、遺構見学だけに特化するのであれば、別に何の差し障りもないのだが、、、、

二重堀切9東二重堀切 堀切110二重堀切1 主郭17主郭

主郭北切岸18主郭北切岸 西堀切19西堀切 西郭土塁23西郭土塁

現状(12月訪問)城跡は、この時期にも拘らず随分藪化は進行しているが、見所遺構でもある縦堀を含めた二箇所の空堀群は、充分判別確認し易い情況にあると思って頂いても差し支えないだろう。ただし北腰郭や東郭、更に主郭といった処は見通しも利かず、臨場感まではとても味わえる状況にはないと思って頂きたい。当然堀切壁や主郭を形成する切岸も下草や堆積物に覆われ、とても楽しめる状況にはないので、訪問期間限定(冬季)の城跡といった事になろうが、圧倒的お手軽感を加味した上で、主郭東西を断つ堀切と土塁が拝めるという理由を付ければ、充分お薦め出来る城跡の一つといった事にはなるだろう。
今回は前回から続く明日香村に逃亡した倭速日(ニギハヤヒ)について語ってみたいが、この人物は今までの「地名が語る、、、」で述べて来たように、孝徳天皇=用明天皇、蘇我蝦夷、蘇我馬子、軽皇子、有馬皇子は、全て当て字の異なる同一人物か、官名が支配地を表したものとすれば、統治国を同じにする夫婦又は兄弟、あるいは国王と皇子の関係と何度も繰り返してきたが、この倭速日(オオソカ)=倭蘇我(オオソガ)もその同一人物の一人である。これからは紛らわしいので、全て名前はニギハヤヒとして通させて頂くが、磐船神社の祭神が倭速日である事は前回述べた通りで、なぜ大阪から当時においても辺境地ともいえる、明日香まで天下りしなければならなかったのか、それを記紀に残された言葉や地名で紐解いて行きたいと思うのである。

以前阿倍日羅夫が新羅王で、唐と連携して百済と蝦夷を討ったといった事を記述したが、その戦いがあの有名な「白村江の戦い」である。これは「ハクソンコウの戦い」、あるいは「ハクスキノエの戦い」とも呼ばれているが、これまでは朝鮮半島での出来事と伝えられて来た。自身は間違いなく大阪での出来事といった確信があった事から、大阪周辺の地図を隅から隅まで調べた結果、何と大阪湾に「白津」の地名があり、更に「舞州」や「咲洲」といった地名まで残っていたのである。白村江の白は白津のシロ、村はスキと発音すれば津城(ツキ=スキ=縄張りといった処の柵)、即ち白津(シロツ=シラス)の地名はそのまま白村(シラスキ)になり、その後に入り江を思わせる江(エ=コウ)を付けるだけで白津城江(ハクスキコウ)、つまりハクソンコウ=ハクスキノエになるのである。
  白村江=現在の白津難波 白津    ちなみに記紀において神武天皇が白肩津に上陸してナガスネ彦を討った地がここで、この神武天皇には間違いなく天智天皇の業績が投影されており、その分身ともいえる架空の人物だった事が分かるのである。神武天皇が上陸したとされる、この白肩(シラカタ=ヒラカタ)津を枚方と当て字して読めば、迷わずヒラカタと読める。つまり今の淀川沿いにある枚方市に当たるのである。自ずと磐船神社は枚方市の隣の交野(カタノ)市にあり、ニギハヤヒの逃走(天下り)経路にも当たるのである。今の枚方は枚(ヒラ)と交(カタ)がセットで枚方(ヒラカタ)と呼ばれたものと思われるのだが、、、今のところ確証はない。先に触れた舞(マイ)州は、枚(マイ)州(ス=ツ)と当て字するだけでヒラス(枚津=シラツ)になり、これも語源は白村(シラスキ)と一緒と分かるのである。更に掲載した地図の下の方に「咲洲トンネル」、上には「此花大橋」があるが、前者における咲洲の咲(サク)を開(サ)くに置き換えるだけで、枚(ヒラ、マイ)洲が完成する。これは先に触れた舞洲にも繋がる当て字で、つまり白=舞=咲の入った地名は、全て語源が一緒のシラから派生した当て字であり、後者の此花(コノハナ=木花の当て字もある))の地名は、狭い此花地区だけに限らず丹之国(難波=丹波=但馬=タジマ)そのもの、しかもあの有名な此花開耶姫(コノハナサクヤ姫)と共通する頭文字で、官名の一部である開(サク)をカイと読んで蝦夷(=軽)を当て字すれば、開耶(カイヤ)姫=蝦夷国(カイヤ)姫の図式が簡単に成立してしまう。だとすれば全く支配地が共通(蝦夷)する孝徳天皇は、間違いなく此花開耶姫と夫婦の関係、よって間人皇后を妻とした孝徳天皇(天万豊日=蘇我蝦夷=軽皇子)の妻は、間違いなく此花開耶姫と同一人物であるという事に辿り着けるのである。此花開耶姫も間人皇后も宝皇女も名前だけみれば全くの別人であるが、こういった形で官名や君臨していた地名から紐解いていけば、正しい解答は間違いなく得られるのである。

自身が間人皇后と同一人(分身)とした人名を、記紀や神話などから起こった事件を入念に調べ上げた結果、事件や出来事のかぶる人物が多く、それらの中から孝徳天皇の妻であると確信の持てた人物を挙げたみたが、此花開耶姫、三炊屋姫(ミカキシヤヒメ)、斉明天皇、推古天皇、皇極天皇、神吾田津姫、豊吾田津姫、宝皇女、物部鎌姫などが挙げられる。他にも数名挙げられるが、少しマイナーな名前もある事から敢えて採り上げなかった。何故これだけ呼び名の違う名前が存在するのかと問われれば、記紀編纂時において数十氏から集めた記録には、当時は敵対していた言語の異なる部族もいれば、元々漢字を使わず神山文字あるいは阿比留文字、豊国文字、伊予文字など、全く漢字からはほど遠い文字の異なる氏族もあったと考えられるし、編纂者も人名かぶりまでは配慮もできず、ほとんど理解せぬまま羅列し載せたのではないだろうか、、、ただし事実となる元ネタはたった一つなのである!聖徳太子が多民族で成立した倭国において、数ヶ国語が話せたという伝承は、この当時の状況を思えば満更嘘ではなさそうに思えるのである。

最後に、これまでの話を簡潔にまとめるとすれば、天智天皇=神武天皇(阿倍日羅夫=新羅王)は唐と手を結んで倭国及び大阪にあった百済本国を「白村江の戦い」で滅ぼし、滅ばされた当事者であるニギハヤヒは、妻でもある此花開耶姫=間人皇后(何代目かの卑弥呼に当たる女性天皇)を置き去り(恐らく捕縛)にして、降臨伝説の残る磐船神社(交野経由)経由で逃亡、更にその逃亡先の明日香でやっと仮の都を構える事が出来た、というストーリーが描けるのである。これが白村江の戦いの全てで、一番単純に紐解いた結末という事になるが、これまで朝鮮半島で行われたとされる戦いは、実際には大阪で行われた戦いで、船団の組み易い今の淀川の入り江周辺を主戦地としたものであり、朝鮮半島で行われた戦いでは決してなかった事は明白!しかも淀川は当時はまだ河内湖とされる大きな入り江の一部で、簡単に唐や新羅の大船団が出入り出来た事を想像すれば、大海戦の行われるに相応しい場所という事になるのである。
城跡は奈良県高市郡明日香村野口にあって、天武持統天皇稜の直ぐ真東側の丘陵上に位置しており、現在本郭群の一部には「小泊瀬稚雀神社」が建立されている。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、県道155号線へ進入する事が先決となるが、209号線で進路変更した後は登城ルート図を参考にして頂ければよいだろう。道路沿いのバス停付近に充分駐車スペースは確保出来るが、そこから神社までは直ぐの距離にある。

      登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図

城跡の形態は、アバウトに描いた概念図を拝見して、少し想像を膨らませて頂きたいが、堀切以南を本郭群とすれば、ほぼ三郭構造の城郭と思って頂ければよいだろう。もちろん神社敷地もかつての北郭跡に相当するとは思われるが、これは見学者の想像に委ねられる事になろう。現状この三郭共に地表も露見していないほど低草木に覆われており、更に見通しも利かず、内部残存遺構の確認、あるいは郭形状の確認は困難を極める状況となっている。取り敢えず主郭背後に施された堀切及び北郭側の土塁が唯一の見学材料となるが、切岸は堆積物や笹に覆われ、高さを感じる程度で終わるものと思って頂きたい。この時期(12月)でも踏破も出来ないほど藪化の深刻化した城跡に、とてもよい評価など出せないが、圧倒的お手軽感を加味した上で、この後リポート予定の野口植山城跡見学ついでに、神社参拝がてら立ち寄る程度の城跡とすれば、これから訪れる方にも納得して頂けるのではないだろうか。

社殿(北郭)6小泊瀬稚雀神社 堀切10堀切 主郭切岸12主郭背後堀切岸

主郭14主郭 土塁13堀切と土塁 主郭西切岸16主郭西切岸