城跡は三重県伊賀市大滝にあって、先にリポート掲載を終えた大滝山城とは、大滝集落を隔てて南東側にあり、当時この山城からも充分望めたと想像の付く、低山山頂に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、自身が踏破確認した上で判断した限り、伊賀連合軍最後の砦として種尾に築かれた、国見山城の縄張り(横矢構造の空堀土塁)と酷似したものであり、伊賀の平常時における館城とは全く形態を異にする、急造感の感じられる陣城のように眼には映ったのである。もちろんここでは伊賀士豪連合軍における、筒井軍に対しての陣城という事になるが、落城後に改修されてこのような形態になったのかもしれない、、、謎。

城跡を訪れるには、登城ルート図中に記した集会所「ふだば館」を起点とすれば判り易い位置にあるといえるが、この「ふだば館」より狭い生活道路(赤ライン)に進入して集合墓地に向かい、そこから墓参道へ進入すればよい。集合墓地最奥に位置する墓地敷地背後の切岸は、副郭まで立ち上がる土塁壁でもある。ちなみに史跡案内板が蓮明寺近くの三叉路に掲げられてあったが、これはかなりアバウトなイラストマップなので、これを絶対鵜呑みにしない事!実際に現地で何度も所在位置を尋ねる結果になったが、案内板に描かれていた福之城までの道は繋がっておらず、更にこの城跡の存在は知られておらず、これから訪れる大滝城に至っては、「ふだば館」からは民家を挟んで直ぐ望める位置にあったので、、、

       登城ルート1登城ルート 城跡概念図3大滝城概念図

城跡の形態は、山上本郭群のみを描いた概念図を参考にして頂ければよいが、山道を挟んで南西枝尾根にも郭が展開されていた事もあって、藪が深く未踏に終わった北尾根も含めて、この山城の縄張りは概念図に描いたまでには決して終わらないものと思って頂きたい。墓地手前の削平地から既に縄張りに足を一歩踏み入れた計算になるが、そこから副郭北側に廻り込めば、一見帯郭の様にも窺われる薄い土塁の付随する空堀西副郭には明瞭な土塁(山道側)、更にそこから東山頂へ足を延ばせば、横矢構造の土塁に空堀が付随する、僅かに郭周囲に土塁痕の残る主郭へ辿り着けよう。切岸は空堀の施された主郭東背後で、高低差2.5m程度ではあるが、それなりのものを拝める筈である。現状山道から一気に立ち上がる切岸も、鋭角に刻まれた見事なものを拝めるが、これは山道造成時における切岸かもしれないので、見たままを凄い!と感じながら楽しむ事が肝心となるやもしれない、、、

史跡案内板2案内板 北空堀痕12北空堀土塁 西副郭15西副郭

西端土塁14 西端土塁 主郭西端19主郭西端切岸 主郭21主郭

土塁横矢、空堀24東横矢空堀  主郭南側切岸26南山道側切岸

現状(五月訪問)城跡は、多くの低草木が蔓延り、薮化はそれなりに進行しているが、概念図中に示したまでの遺構は全て判別確認も容易く、山林事業に携わる方々も含めて、見学者が滅多に訪れる事のない(推測)ほぼ無名に近い山城とすれば、それなりに楽しめる状況にあると思って頂いても差し支えないだろう。ただし密生する青竹や倒竹で踏破も出来ない箇所(北側)もあるので、状態は問わない方がよいかもしれない、、、城跡を個人的に評価するとすれば、土塁、空堀、切岸と山城を形成する上でのパーツは全て揃っている事、それにお手軽感も加味すれば、縄張りは決して究めない事が前提とはなるが、充分お薦め出来る城跡の一つという事にはなるだろう。先にリポートを終えた、自身が陣城と推察したまだ無名の大滝山城と併せた二城同日訪問は、この小さな集落に築かれた城砦群の本質を探る上においても、是非お薦め!
スポンサーサイト
この山城は、数十年前既に調査の行われた大滝城を訪れるついでとして、大滝城と対峙した形の築城環境も考慮に入れ、更に自身が山城(陣城)が築かれてもおかしくない地として判断した上で、標高272mの大滝山山頂までの企画踏破を実行に移したものであるが、その結果として低土塁及び空堀が主郭を半周する、限りなく陣城に近い形態の、山頂から南端尾根まで郭群や土塁が連続する、予想を遥かに超えた大型の山城と巡り合う事が叶えられた事を、最初にお伝えしておきたい。よって大滝山山頂に明確な城郭遺構が存在する事から、取り敢えず「大滝山城跡」として現況報告する事に及んだが、現状地元でも全く認識のない無名の山城であり、まだ公的に城郭遺構として認定されるまでには至っていない城跡という事もあって、今回は私見による城郭遺構として頂ければ有難い。もちろんそれを踏まえた上で、城跡呼称に関しては柔軟に対応して頂きたいが、、、

城跡は三重県伊賀市大滝にあって、標高約272mの山頂に位置しており、名張川を天然の水堀として、それに沿った形で南端尾根まで縄張りが連続したもので、地元案内板に描かれた「福之城」周辺までを城域とするものである。結果的に地元で「フクンジョ」と呼ばれる福之城は、史跡案内板に道順まで描かれていたのだが、地元の方に尋ねても「道はない!」といった返答で、訪れたものの矢竹密生地として踏破までには至れず、城跡の確かな所在位置までは確認する事が叶わなかった。最終的に藪漕ぎしながら帯郭?あるいは鋭角に削り落とされた切岸?は、それとなく確認出来た事をお知らせしておきたいが、、、、

       登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図

城跡を訪れるには、まず大滝集落に辿り着く事が先決となるが、車はルート図中にある「大滝広場」に預ければよいだろう。そこから集会所でもある「ふだば館」を目指して歩き、その手前から始まる狭い生活道路に進入して蓮明寺を通過、更にそのまま道路に任せて進めば、右手に小さな金比羅宮の道標が眼に留まるが、そこから山道に従って尾根上を目指して上れば、数分で金比羅宮までは辿り着ける筈である。この地は便宜上「金比羅宮南郭群」としたが、既に縄張りの一部と考えて頂いてもよいだろう。ここから左(南側)側に向かえば館城的な郭群へ、右側に向かえば大滝山城へという事になる。

城跡の形態は、自身が踏破確認に及んだ範囲を描いた概念図を参考にして頂ければよいが、南郭群は土塁が防塁として60m以上に渡って南尾根端まで延びるもので、その間に櫓台的な出っ張りはあるものの、郭跡がそれに従って70mに渡って展開されたものでもある。この出っ張り部分は当時仕切り土塁として郭を南北に区画していたものとも考えられるが、郭跡が後世において農作地として転用されていたとすれば、既に消失したのかもしれない。どちらにしても防塁として連続するこの土塁は、高低差には欠けるが、鋭角に削り落とされたものであり、その見応えは抜群ともいえるもので、一見の価値ありとみた!小規模な金比羅宮敷地が、南郭群における中枢となす主郭と自身の眼には映ったが、祠背後には明瞭な土塁、更にその背後には空堀地形が見て取れた。ここから山頂までは概念図に従い足を延ばして頂く事になるが、先に触れた郭を低土塁と空堀が半周する、山頂272m地点を便宜上主郭とした。主郭における南北空堀間は40m以上に達するもので、主郭だけを捉えれば山城としてはそれなりの規模といえようか。主郭へ辿り着くまでには概念図中に示したように、自然地形を縄張りに取り込んだと察せられる、僅かに土橋が確認出来る大空堀地形、それに付随する二連の空堀、東尾根上削平地には堀切、更にその南北両側には切込み削平地と、遺構が目白押しとは言わないまでも、削平地だけに限れば、帯郭を含めて東斜面側に満遍なく展開されている。とにかく自身が当時の遺構と判断したものは、全て概念図中には拾い上げたが、未踏に終わった東麓も含めて、城域は相当広いものと自分の眼には映ったのである。

南端土塁8 南郭群端土塁 南郭群土塁14 南郭 土塁 金比羅郭18金比羅南主郭

祠背後土塁21祠背後土塁空堀 東切込み郭26東帯郭切り込み郭 東郭堀切27東堀切

大空堀地形28大空堀地形土橋状 主郭32 主郭 西土塁空堀33 西土塁空堀

   主郭北端空堀土塁34北端土塁空堀 西腰郭38西腰郭1

現状(五月訪問)城跡は、山頂(主郭)に隙間なく青竹は蔓延るものの、郭移動に差し障るまでもなく、遺構の判別確認も容易い、南郭群まで含めた山上郭群だけに限れば、全体的に満遍なく歩き廻れる、非常にレベルの高いコンディションの下にあると思って頂いても差し支えないだろう。年間を通して金比羅宮に観光客が数人訪れる程度の、まだ無名の山城(こちらは地元士豪における館城か)ではあるが、館城と陣城の共存する(推測)まだ素性の判らない山城とすれば、伊賀に侵攻した筒井軍の戦略やその足取りなどを想像する分も含めて、山城ロマンにもたっぷり浸る事が出来、更に判別し易い遺構の数々は、その見応えまで含めれば、間違いなくお薦め出来る城跡の一つといえようか、これを機に城郭遺構として公的調査が入る事を期待したいが、この後リポート予定の大滝城と併せた同日訪問は、当然是非お薦めという事にはなるだろう。最後に一言付け加えておきたいが、この隠れ里の様な集落の佇まいも素晴らしい!
城跡は三重県名張市夏見にあって、「福典寺」より一丘陵を越えた南背後の低丘陵上に位置している。城史に関しては、その名が語るように深山氏の居城と伝わっており、伊賀攻略軍との攻防戦においては、柏原城に篭城していたものとも察せられるが、その後の詳細は不明

城跡を訪れるには、国道165号線に進入する事が先決となるが、目印あるいは進路変更する事になる「夏見」交差点からは、登城ルート図を参考にして頂きたい。そこから二度橋を渡ることになるが、福典寺横をかすめて南へ少し上った道路沿いが城跡進入口となる。その路肩には充分駐車スペースもあり、「ごみ捨て禁止」の看板が掲げられているので判り易いとは思われるが、ここよりロープを潜って広い削平地を通過すれば、土塁までは直の距離となっている。ちなみにこのフラットに近い削平地は、道路造成時において重機が入った痕跡が窺えるが、それと同時に、当時土塁背後に施されていたと察せられる空堀は、全て消失したものと思われる。

     登城ルート1登城ルート 城跡概念図3概念図

城跡の形態は、アバウトに描いた概念図を拝見の上で、少し想像を膨らませて頂く事になるが、その理由して地表風化も藪化も相当激しいものがあり、とても全体踏破が叶わなかったからと思って頂ければよいだろう。主郭跡を除けば最初に辿り着く東最高所に位置する土塁、その南側斜面に僅かに残る土塁の付随する縦堀、そこから立ち上がる比較的規模の大きい土塁上の郭群、更に最高所に位置する土塁まで繋がる規模の小さな段郭群、あるいはそれに付随する土塁、その段郭群を形成する切岸、北側斜面に僅かに窺われる縦堀痕、こういった所までが現状判別確認可能な城郭遺構と思って頂ければよいのかもしれない、、、、主郭内部も含めて、そこから東土塁まで立ち上がる緩い斜面上の遺構に関しては、全て想像に委ねられる部分となるだろう。判別可能な遺構が限られてくる事もあって、結果的には縄張りプランを想像する事も、全体踏破する事も叶わなかったが、主郭の両翼は50mにも達する、伊賀にあっては屈指の規模を誇る居館跡の一つと自分の眼には映ったのである。

土塁背後7 土塁東背後 土塁内壁8崩落土塁内壁 南空堀土塁10南空堀土塁

南土塁11唯一明瞭な土塁 南縦堀12南縦堀 主郭17主郭内

    北側縦堀14北側縦堀 南切岸と空堀20空堀

今更城跡の現状を説明するまでもないが、薮化も地表風化も相当深刻化した状況にあると思って頂いても差し支えないだろう。限られる見学材料による縄張りの掴めないもどかしさ、あるいは遺構残存度の低さ(推察)、更に城跡の現状を思えば、自ずと城跡に対しての評価は厳しいものになるが、圧倒的お手軽感を加味した上で、少し立ち寄る程度の城跡、あるいは興味を持たれた方が訪れる分に関しては、決して無駄足には終わらない城跡といった事になろうか。
城跡は三重県名張市奈垣にあって、先にリポート掲載を終えた喜屋敷城(松島氏城本郭群)の背後空堀より、東側傾斜面をそのまま少し上った先にある。城史に関しての詳細は不明であるが、本郭群リポート中で触れた様に、この城郭は明らかに山上詰城と察せられるものであり、その形態は居館跡とは随分異なるが、二城セットとしたものが、この城郭の本質と解釈すればそれでよいものとは思われる。

登城ルート1登城ルート 城跡概念図3山上郭概念図 3概念図

城跡の形態は、内部全長25m程度の主郭北半分に土塁が施されたもので、その背後における最高所に櫓台とも呼べそうな全長15m以上の郭、更にその背後には尾根を断つ堀切(幅約3mの箱堀)が施されたものである。主郭東西における削平地までを縄張りとすれば、郭総全長は自ずと50mに達する事から、物見の域は充分はみ出た山城といってよいのかもしれない、、、切岸は土塁内壁で2m以上のものを、更に堀切壁となる部分でも3m以上の見事なものを拝める筈である。低土塁も含めて他の外壁部分は地山に任せたほぼ自然地形に近い斜面となっているが、防備も兼ねてはいるが、土塁などの様に郭区画を目的として切岸が用いられたものと考えればそれでよいのかもしれない、もちろん堀切は別となるが、、、見所遺構は自ずと土塁及び堀切という事になるが、充分見学者の眼は楽しませてくれるものとみた!

主郭、土塁27山上郭土塁 推定櫓台30土塁郭切岸約3m 堀切33箱堀

土塁西側35 土塁北西側 堀切から東郭33箱堀~ 東郭 下空堀37下空堀土塁

現状(三月訪問)、主郭内は植林地となっており、充分見通しは利く状況にあるが、間伐は行われておらず、主郭内に倒木や蔓延る低草木は多いものの、コンパクトな縄張りであるが故にその全体像が覗える、比較的ましなコンディションが自然維持されている。最後に城跡を個人的に評価する事になるが、山城跡と居館跡の二城が同時に楽しめる事、それにお手軽感も加味すれば、充分お薦め出来る城跡といった事にはなるだろう。もちろん見応えのある空堀が拝める、本郭群と併せた訪問が前提となるが、
城跡は三重県名張市奈垣にあって、数年前「山城賛歌」でリポート掲載を終えた吉村氏城からみれば、真南側の丘陵先端部に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、松島氏の居城と伝わっている。

城跡を訪れるには、吉村氏城を起点とすれば一目瞭然の位置にあるが、県道693号からも充分望める「妙楽寺」を目印として目指せばよい。妙楽寺南手前に奈垣集会所があるが、ここの駐車場に車を預けた後は、ルート図中の赤ラインを素直に辿って頂ければ、迷わず城跡までは辿り着ける筈である。

       登城ルート1登城ルート 城跡概念図3喜屋敷城概念図

城跡の形態は、アバウトに描いた概念図を参考にして、少し想像を膨らませて頂きたいが、伊賀では定番ともいえる四方土塁囲みの輪張りプランの下に築かれた、居館跡と思って頂ければそれでよいだろう。ただし西に開いていたと察せられる虎口と共に、土塁は西側部分の全てにおいて、あるいは北、南側の土塁の角を含めた一部は消失しており、当時の縄張りとなるところの郭構成や郭形状は、全て見学者の想像に委ねられると思って頂きたい。その中にあって高土塁内壁(切岸)部分に備わる推定櫓台や土塁背後の空堀は未だ健在であり、40m以上も連続する土塁の付随するこの空堀(横堀)だけは見応えも抜群!しかも両サイドは縦堀に繋がっており、切岸の醍醐味と併せて、見学者の期待には間違いなく応えてくれるものと自分の眼には映った。この縦堀を挟んだ南側にも、副郭と呼ぶに相応しい切り込み成型された郭を見る事が出来るが、主郭にこの副郭と西腰郭を併せたものが、実質本郭群に相当するものと思われる。副郭の上段には小郭が備わるものの、その背後に空堀は施されていない。現状、その副郭跡には朽ち果てた小屋が覗われる様に、後世この地は農作地、あるいは民間屋敷跡地となっていたのかもしれないが、その地形改変跡の窺われる郭形状は、機能と共に見学者の想像にほぼ委ねられる部分となろう。主郭の規模は比較的大きく、郭内部における両翼は35m前後あり、居館跡とすれば郭占有面積は比較的大きい部類に入るのかもしれない、、、ちなみにこの後リポート掲載予定となる、喜屋敷山上郭群(詰城)は、空堀背後を少し上れば辿り着けるが、この本郭群と山上詰城を併せたものが、喜屋敷城(松島氏城)の本質といえるのではないだろうか。

西切岸8主郭切岸約5m 主郭西側11主郭西 土塁端13主郭土塁端

推定櫓台15土塁壁及び推定櫓台 空堀17空堀 全長45m前後 空堀角18空堀角

   南土塁、縦堀20南縦堀土塁  副郭上段郭24南上段郭

現状(三月訪問)城跡は、住宅地が直ぐ傍まで迫る他の館城と同様、薮化は相当進行しており、腰郭や主郭西側部分を除けば、東側の高土塁内壁を形成する切岸全域、北側の縦堀から東側の横堀にかけて、あるいはその土塁上も含めて多くの低草木や矢竹が蔓延り、更に見通しも利き難く、高土塁を形成する切岸の全体像や、連続する空堀(横堀)の全体像を拝む事などは到底出来ない状況にある。ただ空堀内を通過できる事が唯一の救いとはいえようが、、、よって城跡を個人的に評価するのであれば、状態がよいとはとても言えないが、空堀とそれに付随する土塁見学だけで、充分訪れる値打ちのある城跡といった事になろうか、もちろん圧倒的お手軽感を加味した上で、山上詰城も併せた訪問が前提となるが。